So-net無料ブログ作成

産業カウンセラー(資格☆はばたく)放送中 [本]

産業カウンセラー 2011年10月 (資格☆はばたく)

産業カウンセラー 2011年10月 (資格☆はばたく)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2011/09/23
  • メディア: ムック
 
 
 
 
 
 
せっかくなので買ってみました。

大型スーバーの本屋で探したのですがなかったので、聞いてみたら売り切れとのこと(◎-◎;)
余裕で買えると思っていたので「すごいじゃ〜ん」て思ってしまいました。
すでに受講してる人とか、すでに会員になってる人以外でも売れているってことなのかな?
 
探して歩くのもなんだったのでネットで買いました。
今まで見たこともない本でしたが、他にもいろんな資格がシリーズで出ていました。
 
放送される時間帯がちょっと厳しいので録画で見てます(^_^;
テキストがなくても放送を見るのにはまったく支障ありません。
興味のある方はぜひご覧になってみてください。

nice!(7) 

ボランティアに想う(高遠菜穂子さんの本) [本]

愛してるって、どう言うの?―生きる意味を探す旅の途中で

愛してるって、どう言うの?―生きる意味を探す旅の途中で

  • 作者: 高遠 菜穂子
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 単行本

 

 

 

↑最近読んだ本です

国内だけにとどまらず海外に出て
ボランティアをする人がいる。
一体どのようなきっかけでそのような
道を歩むようになるのか興味がありました。

私が今までたどってきた人生では
「ボランティア」ってほとんど係わりがなかった。
学校でも特に教わらなかったし、身近なところだと
募金くらいしか思いつかない。
知識そのものがなかったのです。

労働力を提供するというのもあるけど、
ボランティア=無償。
だからボランティアで活動している人は自分の生活費とか
活動費とかどうしているのかな?事前に資金を作ってからで
ないとできないんじゃないかな、なんて思ったりして・・・

まあ、もともとはそれくらい無知でしたということで
今はそこまで白紙状態じゃないと思いたいですが(^_^;

これまでボランティアを求められたことも
必要としたこともなく過ごしてきた身ですが、
ボランティア活動している人がテレビなどで
紹介されるとただただすごいなと思ってました。

自分の人生のすべてをボランティアにつぎ込んでいる人に
畏敬の念を抱くわけです。

私には高遠さんのような生き方はできないと思いますが
応援したい気持はあります。

F1010765.JPG
実はサイン本↑

 


nice!(10) 

輪番独語 [本]

F1010735.JPG

電車で通勤するときはなるべく本を携帯
することにしています。
(と、いっても片道10分も乗らないから
ほとんど読む時間ないんですけどね^_^;)



わかりやすくて面白かった。
人柄ってやつだろうなと思います・・



輪番独語―築地本願寺輪番ブログより

輪番独語―築地本願寺輪番ブログより

  • 作者: 豊原 大成
  • 出版社/メーカー: 自照社出版
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 単行本


nice!(11) 

沈まぬ太陽、見たいなあ [本]

先週は忙しくてブログがほとんど見られませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]
そして今週も残業必至、帰宅が遅くなる見通しです
あ〜いやだ・・
[たらーっ(汗)]

今週末は心理学に関する講習がありました
実技の指導を受けるのはこれが初めて、
疲れたけれど楽しかったです(^^)

NEC_0482.JPG

講習会の内容を書く訳にいかないので
この間のちょっとした物をのせておきます

NEC_0487.JPG

報恩講(浄土真宗の大切な行事)のオリジナルのアメ、
とってもかわいいです
左上から鳳凰、仏旗?蓮の花、前左から親鸞聖人750回大遠忌の750
下がり藤、安穏の文字

NEC_0485.jpg
絵柄が細かいので感心してしまいました

話はまったく変わって、今読んでいる本について

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)

  • 作者: 山崎 豊子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 文庫



「沈まぬ太陽」
映画の宣伝を見て興味を持ち、今更ですが文庫本を人から借りて読んでます。
まだ3冊目、御巣鷹山編の途中です。

主人公の恩地さんは不当な人事で中東、アフリカをたらい回しにされるのですが
現地の様子や奮闘する様子が読んで
いて引き込まれました。

以前読んだ、イラクで亡くなった戦場カメラマンの橋田信介さんの本や、
郡山総一郎さんの「人質」もとても面白かったので
イメージが膨らんだのかもしれません。


日本人には遠くなじみの薄い土地で驚異的な精神力と行動力を
発揮する人々。
私には絶対出来ないだろうと思う行動ばかりで、
そんなところに惹かれたのだと思います。


そんなわけで、中東やアフリカににわか興味がある今日この頃です。

映画は是非見たいのですが問題は終わるまでに行かれるかどうか・・

映画館で見られなくてもDVDでは是非見たいです。

 

イラクの中心で、バカとさけぶ―戦場カメラマンが書いた

イラクの中心で、バカとさけぶ―戦場カメラマンが書いた

  • 作者: 橋田 信介
  • 出版社/メーカー: アスコム
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: 単行本

人質―イラク人質事件の嘘と実

人質―イラク人質事件の嘘と実

  • 作者: 郡山 総一郎
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: 単行本

 

 

 


nice!(12)  コメント(7) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。